【誕生日会・クリスマス会におすすめラブホテル!】女子同士、大人数でOK!家感覚で楽しめる激安の隠れ家

ラブホテルといえば、基本は男女が夜の営みをする場所…。
大人の空間ですよね。
そんな固定概念を払拭するラブホテルが埼玉にあるんです。

そもそもみんながラブホテルに求めるものってなんでしょう。

・サービスが充実している
・アメニティが充実している
・料理が美味しい
・室内の雰囲気がおしゃれ
・清潔感

いろいろとあると思います。

ラブホテルというのは、「家」という空間を作り出してくれる。
それもまたいいところですよね。
お互い実家暮らしのカップルは得にラブホテルという存在に助けられているでしょう。

手軽に止まることができて、
もちろん休憩もありますし、アメニティが豊富で手ぶらでも行けてしまうのが
ラブホテルの最大の強みですよね。

しかしラブホテルというのは男女と限らずとも
カップルで利用する。というのが常識ですよね。

ただ皆さんも一度は経験していると思います。
学生時代友人がみんな実家暮らしで
「家でクリスマスパーティーしたい~」という意見がでます。
さぁ、誰の家でやるのでしょうか。

大抵実家暮らしの場合家族がいますよね。
家族が家にいる場合は騒げないのが常識。

お酒を飲んで馬鹿騒ぎしたい。
でも家族がいるから、そこまで騒げない…
どうしよう…場所がない…

そんな悩みきっと誰もが一度は経験していると思います。

また家で皆がお酒を飲んで暴れた場合、
家の主が最後片付けることになります。
あまり呼びたくはないですよね…
お酒をこぼされたり、お菓子をぶちまけられたり…
想像しただけでも一歩下がりたくなりますね。

私も学生時代、このような悩みを何度もいだきました。
誕生日、クリスマス、年越し…
テレビやベッドのある部屋でゴロゴロしながら騒ぎたい…!

そして学生時代に、大量にお酒を買い込み
地元のラブホテルを訪れたことがありました。

「すみません。大人数ではお断りしています。」
この言葉何度聞いたことでしょう。

そう。ラブホテルというのは一部屋2人までしか借りることがきないのです。

二部屋借りて一つの部屋に合流することも考えましたが
そうすると、莫大な金額がかかるのでとてももったいないのです。

こんな悩みを抱えて何年もたったとき、
私はとてもいいラブホテルに出会ってしまったのです。

そこの名は「HOTEL AURA ASIAN RESORT 鶴ヶ島店」
(ホテルアウラリゾート ツルガシマテン)
http://www.hotenavi.com/aura-a/index.html

田舎にあるということもあり、敷地はとても大きいです。
車で入っていくとコテージのように
家がズラーと並んでいます。

建物の前に一台ずつ駐車場があり、車が停められるようになっていて
そこで車を停めて、滞在時間を選択します。
部屋はランクごとに料金が違い、奥に行くほどいいランク部屋になっていました。

もちろん友人同士で楽しむだけではなく、
カップルで来るのにも本当におすすめです。

車でそのまま入り口にはいる事ができるので
”いけない関係”だって誰かに見られる心配も一切ございません!

一番素敵な部屋が、
「EXECUTIVE ROOM」
それでも土日の宿泊でも¥15,000程度ととてもリーズナブル。

部屋には露天風呂がついていて、そこへんの旅館より洒落ています。

もちろん室内のお風呂もとっても広くてきれいです。

露天風呂はジャグジーになっていて、
カラフルに色々ないろに照らされています。
そして、大きなテレビが置いてあるのです。

露天風呂×テレビ
なんて最高なシチュエーション、旅館でも味わえないと思いませんか?

また、全部屋にカラオケがついています。
友人同士で楽しむのにもカラオケがあれば飽きないし、
もちろんラブホテルなので防音になっているので
思う存分。しかもベッドの上でゴロゴロしながら歌うことができます。

レストランサービスも充実していて、
まるでファミリーレストラン!?と思うようなメニューが豊富です。

ハンバーグやステーキのプレート料理や
パスタ、カレー、サラダ、オムライス、丼、ピザ…
なんでもあります。

一度行くと病みつきになってしまい、他のラブホテルには行けなくなってしまう…
そんな素敵なラブホテルです。

私が行ったことがあるのは鶴ヶ島店なので、鶴ヶ島店を紹介しましたが
関東圏内の埼玉、東京、神奈川、長野、群馬、栃木。
そして少し離れて京都にもあります。
https://grassino-hotels.com/pc/jp/index.php?shopno=6

とてもおすすめのラブホテルなので、ぜひ足を運んでみて下さい。

※友人同士では入れたのは2017年頃の話なので行かれる場合は一応問い合わせていただくか
自己責任でお願いします。

Leave your comment